FFmpeg&Audacity

Audacity
https://www.audacityteam.org/download/windows/
https://www.fosshub.com/Audacity.html/audacity-win-2.2.2.exe

ffmpeg lib for audacity
https://lame.buanzo.org/#lamewindl
https://lame.buanzo.org/ffmpeg-win-2.2.2.exe

FFmpeg
https://ffmpeg.zeranoe.com/builds/
https://ffmpeg.zeranoe.com/builds/win64/static/ffmpeg-20180314-f706cdd-win64-static.zip

ffmpeg 設定
ref:https://www.gigafree.net/media/se/audacity.html

ffmpeg -i target.mp4 -vcodec copy -an v.mp4
ffmpeg -i target.mp4 -acodec copy a.aac

※変換が終了すると、ファイルの長さ(時間)が表示されるので、 必ずメモし比較すること
ffmpeg -i v.mp4
#V: 26:32.38 (1592.38″)
ffmepg -i a.aac
#A: 26:35.21 (1595.21″)

誤差率を算出する誤差率を算出する
たとえば、上記の例では;
VとAの誤差 (A)1595.21″-(V)1592.38″ = 2.83″Aを基準とした誤差率
2.83″/1595.21″ = 0.001774 (0.1774%)

[編集|設定|ライブラリ]でffmpeg for audacity libraryを認識させる。
この作業をしないと、mp4関連のファイルは扱えない。

[ファイル|開く]でa.aacを開く。
Ctrl-Aで全選択をする。
[エフェクト|スピードの変更]で速度変更ダイアログを開く。
ここで0.1774を指定して、[OK]をクリックする。
変換が終了すると、ウィンドウ最下行に変換後の長さが表示されるので確認する(*)。
長さを確認したら[ファイル|オーディオの書き出し]を選ぶ。
出力フォーマットとしてm4a(aac)を選んでa.m4aファイルを出力する。

音声と映像を再結合する
ffmpeg -i v.mp4 -i a.m4a -vcodec copy -acodec copy out.mp4

広告